多汗症★局所性多汗症の悩みは、治療でなおります。   のTOPに戻る
「多汗症★局所性多汗症の悩みは、治療でなおります。   」トップ >  多汗症の治療 > 多汗症の治療はどのようなものがあるでしょう?

多汗症の治療はどのようなものがあるでしょう?

多汗症の治療でトリプルサクション法という方法があります。

多汗症治療方法の中では、かなり効果が高くて傷跡もかなり小さくてすむ治療法です。

以前から行われてきた、反転切除法とか削除法というのは、わきの下の臭いの原因になっているアポクリン汗腺と、多汗の原因になるエクリン汗腺を取り除く方法として行われてきました。

しかしこの方法には欠点があり、それは傷口が大きくなってしまうことやや皮膚が壊死をおこしやすいことでした。

このトリプルサクション法という方法は、1ミリのレーザーファイバーからでるレーザーで、汗腺を燃焼破壊して吸引しやすくします。

その後、シェービングコンソーラーといものを皮膚の裏に差し込んで、脇の皮膚の裏にある汗腺を削り取っていきます。 傷口は小さく5ミリ以下ですむようです。

この方法の良い点は、やはり傷口がかなり小さいので女性でも傷跡が気にならないことでしょう。

それから、汗がでる汗腺を切除してしまうので、治療後の皮膚の壊死とか、その他合併症が起こりにくいのが特徴でしょう。




    

その次に、挙げられる簡単にできる方法は、薬用クリームの使用でしょう。

その薬用クリームの中で、アルミニウムの化合物を含んだクリームが多汗症とかワキガを改善するために有効性があると言われています。


どのような理由によって効果がでるかといいますと、ワキガの原因となっているアポクリン汗腺、そして多汗症の原因のエクリン汗腺の出口を、このクリームに含まれているアルミニウムの化合物で塞いでまうということです。

この汗の出口を塞いでしまうので汗が出にくくなります。結果的に汗が少なくなるので臭いの発生も少ないという感じになるでしょう。。。

このクリームを使用する時に注意することは、副作用として、赤みやかゆみが出る場合があります。

そのため、このタイプのクリームを使用する場合は、使う前にパッチテストをしておくことをオススメします。




               


もう一つの方法は、ボトックス法というものがあります。

※ボトックスというのは、米国アラガン社の登録商標のA型ボツリヌス菌毒素のことを指し、安全に使用出来るようにしたものです。

普通ボトックスと聞くとシワ取り効果とか美容のイメージがありますよね。

ですが、ボトックスには交感神経が活発に働かないようにするための効果があります。

このために、汗の量も少なくすることができるということになるわけです。

この方法の欠点は、効果の持続制が普通期待できない事です。

持続期間はため6ヶ月以下のようで、その後は定期的に注射していくことが必要となります。
関連コンテンツ

手術での多汗症対策を考えてみましょう。

多汗症対策として、方法は多種な方法があると思います。 今コーナーでは、手術とレーザーを使った対策する方法をご紹介してみます。 多汗症の対策というか治療方法として、手術をするという方法が・・・

多汗症対策としての手術に効果はあるのか?

多汗症の対策を行うための治療方法や手術方法は、様々な方法があります。 しかし残念ながら、どの方法にしても、すべての人に効く方法は無いようです 。 それは、多汗症として現れる症状や原因とい・・・

多汗症対策の治療ってどこでやるのが一般的でしょう?

あなたも多汗症の対策とか治療したい場合どこで治療したらいいのか分かりま すか。 実際には、分からない人も多いのでは?、そこで少しご紹介していきたいと思 います。 【皮膚科】 なんと言・・・

病院での治療による多汗症対策

多汗症対策によっては、病院での治療が必要になってくる場合があります。 多汗症の原因になることは、実にいろいろなことが考えられますが、割合多い のはストレスや不安・緊張などからくる精神的なことが・・・

多汗症対策のための音楽療法とは

多汗症の対策のことを、調べたり、考えている人にとっては、対策法とか治療 方法の情報は、とても気になるのではと思います。 その治療の中に、音・・・

多汗症対策の治療法・・インフォレーゼ

多汗症対策の治療法として、揚げることできる方法としてインフォレーゼと呼 ばれる治療法があります。 この方法は、ワキガの治療法として有効なのですが、多汗症の症状によっては 、有効なのではないで・・・

手術で多汗症対策・・交感神経遮断手術

多汗症によって起きる、局所的な発汗を抑制する効果がある方法として、手術 をするという方法があります。この方法も多汗症対策のひとつでしょう。 しかし、手術をすると言うことになると、普通、この言葉・・・