多汗症★局所性多汗症の悩みは、治療でなおります。   のTOPに戻る

・多汗症でのいろいろな悩み






自分が多汗症ではないかと感じている人の場合、汗をかいてほしくない状況なのに汗をかいてしまったりとかちょっとしたことで汗が出てきてしまうことが多い



そんな汗に関してかなりの悩みを抱えているのではないかと思います。




そして、汗が出るのではないかと思い更に緊張してしまったり、ストレスを感じたりしてしまうことで、また余計汗をかいてしまうという悪意循環の原因になってしまったりもしています。





普段はこんなことでは、汗をかいたりしないだろうと思うようなこと、ちょっとしたことで汗をかいてしまったりするのです。多汗症って本当に困ったことですよね。





それで、どうにか多汗症の対策をやってみたいと思ってみても、何からやっていいのか、どういうふうにしたらいいかも分からず、それもまた悩みの種になるのではと思います。






ですから、多汗症の人は他人にはわからないでしょうが、かなり深刻な悩みを抱えているが多いです。


        



もう一つ多汗症の人の悩みで深刻なのは、汗だけではなく、臭いもまた悩みになっていることが多いのです。







特に脇の下に汗をかいてしまう場合、白いシャツなどを着ていると黄色く変色してしまって、臭いの原因になったりしていることもあります。




現在、多汗症と言う言葉は。まだ周囲の認知度が低いために病気として扱う人は少ないかもしれません。






しかし保険が適用されるなどされていますので、多汗症は病気ということになるのです。







しかし汗をかく量が普通より多いという症状なので、他人からは分かりにくいですね。







それに、病気と言っても命に関わるような病気ではないので、そういった点は心配する必要はないのですが、本人にとっては深刻な悩みの種になることが多いです。




そして精神的に辛くなる場合が多いのです。



多汗症になってしまう原因ははっきり分かっていないのが現状です。



ですから、誰でも多汗症になる可能性があることを認識しておいておいたほうがいい病気です
ね。