多汗症の人は、普通では特別の事ではないようにおもわれるようなことでもきっかけで汗が噴出してきて悩まされます。




上司と打ち合わせとか、得意先でのミーティングをするというこでも、普通少しの緊張感はあってもさほど汗はでません。

でも多汗症の方は、ちょっとした緊張感でも「汗が出でます」それもの汗の量が尋常ではないくらいでます。

多汗症の悩みは本人にとっては深刻です。多汗症には、なった人で無いとわからない悩みです。

通勤電車の中やオフィスとかで汗をかき続け、常に多汗症であることに悩まされます。

そして汗にともなってくる「におい」もまた悩みです。単純な「汗臭い」ことだけでなく「足の裏のにおい」とか「わきが」とかになるとまたこれも悩みになります。

ちょっとしたことで汗が体に噴き出す不快感と、大量に吹き出した汗が他人に見られることの恥ずかしさがあります。

しかし汗は体温調節には欠かせない、人間にとってとても大切な機能であることも事実ですね。



     


「多汗症」という病気があるということ自体認知がまだまだ低いです。

世間から、ただの「汗かき」と思われているだけのことも多いです。



本人でさえも、自分が「多汗症」と」いう病気であるとわかっていない人も多いのではないでしょうか



そうです。


自分が「多汗症」であるということに気づけば、医師に通って適切な治療を受けらます。




多汗症は、現在では保険で治療できる場合もあります。



「汗かき」で恥ずかしいけれど、誰にも相談できずにひとり悶々している人も多いようです。




一般にはわからない人が多いのでひとしれず悩み続けて、恋愛や社会生活を棒に振ってしまうことだってあります。







脇臭・足臭わきがにも!医薬部外品★強力消臭の「クイックダッシュ」

カテゴリー

多汗症についての予備知識
多汗症と聞くと、普通は、その字のとおりに「多く汗をかく症状」と思ってしまします。 でも。多汗症って、字で書いたような単純な症状ではないのです。 汗は人間にとってとても大切な機能で、体温調節には絶対必要です。汗が出なくなって熱中症で亡くなることを考えて
多汗症での悩み
多汗症でない人には分からない悩みがいろいろあります
多汗症の種類ってどんなのがあるの
人によって、たくさん汗をかく場所や汗の出る原因がいろいろあります。